キャッシングは学生でも利用できます。ただし、満20歳以上になっていることが条件で、未成年は銀行カードローンや消費者金融だけでなく、クレジットカードを使ったキャッシングも行うことができません。ショッピングローンは行えても、キャッシング行為は成年にならないと利用できません。

そして、申込み時に学生だと申請すると、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類の他に、学生証の提示を求められることがあります。もちろん学校にキャッシングの利用を連絡するようなことはないので、その場合にはきちんと提示してください。

学生がアルバイトなどの収入によってキャッシングを利用する場合、フリーターの人に近い扱いになります。きちんと毎月収入があるのか、年収はいくらなのかという点から限度額が決まりますが、学生だというだけで最高でも10万円や20万円までと限度額に最初から制限が付いていることがあります。

しかし、学生の場合は身分としてはフリーターの人より信用できると判断される為、きちんとした収入さえあれば審査自体に合格できる可能性は高いと考えていいでしょう。キャッシングは本人の収入で返済を行うのが基本ですが、学生ならいざとなった時には親が援助してくれる可能性も考慮した上です。キャッシング会社側はそこまで考えています。

よって、学生がキャッシングを行う場合、本来の収入より限度額に制限が付くことが多いですが、審査に合格できる可能性はフリーターの人より高いと思って構いません。