カードローンには、1年毎や5年毎の契約更新を設けられています。特に利用状況に問題が無い、すなわちしっかりと返済を履行しており、よほど信用情報や収入が減少していなければ更新手続きに怯える必要はないと言えます。しかし、金融事故とならない返済遅延であれば、問題無いと考えるのは禁物です。

遅延頻度が多いほど、更新審査では不利になってしまい、契約更新が厳しくなる可能性があります。ついうっかりで返済が遅れたことが、後々の契約に影響してしまいます。特に更新頻度の多い、1年毎の契約であれば、返済遅延の情報が目立ち、ケアが難しくなってしまいます。そのため、返済遅延が発生しないよう、口座から自動引落で返済出来るカードローンを選ぶことがリスク軽減に繋がります。