カードローンとキャッシングは、似たような個人向けの融資ですが、運営している会社が異なっています。カードローンは銀行などの金融機関が運営しており、キャッシングは消費者金融会社などの金融会社が貸金業法の下で運営しているサービスです。その為、キャッシングには総量規制という仕組みが導入されており、年収の3分の1までしか総限度額が設定されないようになっています。年収が低ければ、限度額の総額は自動的に低くなります。

そこで、キャッシング以外にカードローンも使っていく事で、限度額の問題を回避していく事が出来ます。キャッシングやカードローンは、いずれも利用に関して制限が設けられていませんので、使い勝手が良い融資サービスとして利用でき、返済期日を守って使っていけば良いです。