いざキャッシングを利用しようと思っても、何を用意すればいいのか分からない、ということがあると思います。
別に特殊なものを用意する必要はありません。本人確認ができる、いわゆる「身分証明書」を持参するだけでOKです。

具体的には

・運転免許証
・健康保険証
・旅券(パスポート)

のいずれかを持って行くだけです。
上記に記載されている住所以外に現在住んでいる場合、その住所が記載された公共料金の領収書等が合わせて必要になります。

「住基ネットカード」や「マイナンバー個人カード」などは業者によって自分証明書として取り扱ってないところもありますので、上の3つのどれかを用意してください。これらはどこの業者でも身分証明書として扱っています。

また融資額が50万円を超えるような高額な融資の場合、源泉徴収票など収入を証明できる書類の提出を求められることもあります。少額であれば必要ありません。

「印鑑」は特に必要ありません。契約というと印鑑、というイメージが強いですが、キャッシングにおいては必要とされないことがほとんどです。
ですが念の為に三文判でいいので一緒に持って行く方がいいかも知れません。(間違えた箇所の訂正用に、などの使い方もあります。)