アルバイトは正社員に比べて収入が少ないのでキャッシングの審査では不利になってしまう事が多いです。しかしアルバイトでも審査が可決されて実際にお金を借りる事が出来ている人もいます。そこでアルバイトでもキャッシングの審査が可決される理由を挙げていく事にしましょう。

・月に20万円以上稼いでいる

アルバイトは稼いでいるお金が少ないイメージがありますが、週5日ペースで働いていれば月に20万円以上稼いでいる人もいます。月に20万円以上稼いでいれば正社員の給料とそれほど変わりませんし安定した収入を得ている事になります。それにより業者側も貸付可能と判断してくれるので審査が可決されます。

・勤続年数が1年以上

アルバイトだと定期的に職場を変えたりするので勤続年数が短いイメージがあります。しかしずっと同じ職場でアルバイトとして働いている人もいます。アルバイトでも勤続年数が長いとずっと仕事を続けると思われて今後も収入が安定すると判断されます。それにより貸付可能と判断されて審査が可決されます。

・他社からの借り入れがない

アルバイトで安定した収入を得ていても他社からの借り入れがあると返済能力がないと判断されて審査に落ちてしまいます。しかし他社からの借り入れがないと返済能力があると判断されるので審査が可決されます。